地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、習志野の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

習志野の地域情報サイト「まいぷれ」

ちば散歩

関東地方で16年振りの大雪

都心では1969年以来、45年振りの大雪でした。

2014/02/10

ちば散歩は、千葉県の魅力をお伝えするコンテンツです。千葉県在住40年のyossyが、まちを歩いて見つけたお店の情報やイベント情報、そこに住まう人々を通して、千葉県の知られざる魅力を紹介していきます。時には、ちばを出てしまうこともあるかもしれませんが・・・。みなさまのお出掛けの参考になれば幸いです!

2014年、まさかの大雪が降りました。

国道脇の歩道の足跡。深さは15cmぐらい。
国道脇の歩道の足跡。深さは15cmぐらい。
2014年2月7日の金曜日。週末は大雪との天気予報が流れました。金曜日は寒さは感じていたものの、午前中は晴れていたため、週末は大雪にはならないのでは?と個人的には思っていました。

ところが、金曜日のお昼頃から次第に雲行きが怪しくなり、午後に入ってからあられが降り始めました。その後、夕方頃には積もりそうな雪が降っていました。ただ、帰宅する頃には降っていなかったため、やはり心配するほどの雪は降らないだろうと思っていました。

そして土曜日。起きてみると既に雪が積もっているではありませんか。外も相当に寒く、吹雪くように横殴りの雪がしばらく降り続きました。土曜日はまだ、出歩くことも出来たのですが、その翌日の朝は凍結などもあり、地元の路線バスなどは運行を中止していました。

お昼頃になり、天気が回復してきた頃には、数十年ぶりに雪かきなどを行い、お昼過ぎに交通網が回復した頃に少し出掛けてみました。残念ながら大雪を感じさせる写真がないのですが、外に出て歩いたときの模様をいくつか紹介いたします。
足跡を残すのが楽しかった子供の頃とは大違いで雪を踏まないように歩いていました(^^;
足跡を残すのが楽しかった子供の頃とは大違いで雪を踏まないように歩いていました(^^;
国道脇の歩道。これが車もご覧のとおり渋滞しています。
国道脇の歩道。これが車もご覧のとおり渋滞しています。
子供の頃は雪が降ると本当に嬉しかったものです。冬休みに青森に行ったこともありますが、どんなに大雪でも、どんなに寒くても、雪で遊ぶことが本当に楽しかったものです。

今回、いたるところで雪だるまを見かけました。大人からしてみれば、若干困りもののの雪も、子供たちにしてみれば相変わらず楽しいものなのだと思います。

今年はもう雪は降ってほしくないですが、夜になっても外が若干明るかったり、珍しいものを見ることができたことには感謝(?)です。