地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、習志野の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

習志野の地域情報サイト「まいぷれ」

水分だけではちょっと足りない?!熱中症対策の漢方薬

 右島薬局のニュース

ここ数年は異常に蒸し暑く、多くの方が熱中症になりました。
今年はさらに暑いので熱中症対策をしっかりしましょう。

特にフワッとしためまいやだるさを感じたら要注意です。

熱中症は炎天下の屋外だけでなく、湿度の高い時には室内や夜間でも起きます。
気温が30度を超える時は、クーラーを使いましょう。

また水分の代謝が低下している方は、水分を補給していても飲んだ水分が
うまく吸収されず、充分に効果を発揮しないことがあります。

舌にべっとりと苔が生えている方は、水分代謝が悪くなっているサインです。

また、汗をあまりかかないような方は、体内に熱がこもりやすく
気づかない間に熱中症になってしまうこともあります。

体に熱のこもっている方は、舌に黄色っぽい苔が生えていることが多いようです。
自分の舌を、鏡で確認してみましょう。

さらに漢方薬を使った熱中症の対策として、
水分代謝を改善する茯苓(ぶくりょう)や沢瀉(たくしゃ)に、
体にこもった熱を冷ます黄連(おうれん)、黄柏(おうばく)、黄芩(おうごん)を
合わせて服用すると効果的です。

この組み合わせは、熱中症の予防や治療に有効です。
百の治療より一つの予防!出かける前の漢方薬で熱中症対策をお奨めします。
薬局・ドラッグストア[医薬品]

右島薬局

最新のニュース一覧へ
口コミ(12件)一覧へ